不調や怪我が起こりにくい筋力バランスへ理学療法で仕上げます

大田区という地域に密着した鍼灸院・中山鍼灸治療院では、鍼を用いた自律神経や内臓の冷えといった原因へ働きかけることに加え、理学療法の技術を応用してお身体の不調や怪我というアクシデントが起こりにくい身体づくりを提供しています。
例えば、肩がこるのは肩に原因があるのではなく、他の部位の筋力が足りずそのしわ寄せが肩のこりという形で現れているケースもございます。そういった筋力バランスの不和という原因に対しては、理学療法の実績を活かしたトレーニングで改善へと導いてまいります。

大田区にある鍼灸院でベースとなる鍼灸では経絡へ働きかけます

院の名前にもあるように、鍼灸の技術を用いて自律神経や内臓の冷え等といった不調の原因に対して、働きかけを行ってまいります。施術用の鍼は皮膚の痛点と痛点の隙間をすり抜けることができる細さで設計されています。そのため、基本的に鍼が皮膚を通過する際に痛みは感じないというお客様が多くいらっしゃいます。
刺す部位の筋肉が強くこり硬まっている場合は、若干痛みを感じることもありますが、ほとんど痛みを感じることなく施術を終えることができます。そんな中もし鍼での施術に抵抗がある方には、手技のみの施術へシフトすることもできますので、お気軽にご相談ください。お客様のお身体に合わせて、最適なツボを探し出し、不調の改善へ向けより適した鍼での施術を、プロが提供させていただきます。ご入り用の際はお気軽にWEBでご予約ください。

大田区に院を構える鍼灸院・中山鍼灸治療院で理学療法を活かしたトレーニングを

スポーツ専門の整形外科で理学療法士として勤務していた時の専門知識と経験を活かして、鍼灸とはまた違った側面から不調への働きかけを行っています。特定の動作を行う上で必要となってくる筋力バランスの不和や、筋力そのものの不足等によって、運動時の怪我や日常生活での肩こりや腰痛という不調に発展するケースも多々ございます。
この不調の原因へ働きかけるための筋力トレーニングを行うことで、怪我やこりの不調を緩和へと導いていくと共に、より不調が起こりにくいお身体の状態へと鍛えていくことができます。普段よく行っている姿勢や、打ち込んでいるスポーツの種類・ポジションによっても、大きく負荷がかかる筋肉の部位は異なってまいります。お客様各々のお身体の筋力バランスを見極め、適切なトレーニングを指導いたします。

大田区に根差した鍼灸院・中山鍼灸治療院では最新機器による電気施術も提供します

超音波や赤外線を用いた最新機器を院内に導入し、施術に日頃から活用しています。血行を良くすることや、筋肉痛の軽減、炎症の抑制や、関節可動域の拡大等、鍼や理学療法におけるトレーニングでは働きかけることが難しいところまで、電気施術を行うことができます。これにより、鍼やトレーニングのみで行う施術よりも大幅にな施術時間の短縮に成功しました。
最新機器は全部で3種類導入していて、電気刺激により良好な血流を促す「HVMC DELTA」、超音波によってより深部の血流・循環不全の痛みに働きかける「ULTRASON」、遠赤外線で皮膚表面を加熱していく「セラピア3300」という機器がございます。これらの電気施術によって、鍼灸と理学療法の効果をさらに高め、お忙しいお客様へ短時間での施術を提供してまいります。